頬のたるみ解消法・対策・改善、取り方など
スポンサードリンク

頬のたるみを解消法

頬のたるみの原因、表情筋の衰えにあり





若い頃はプリプリだった肌も、やがて年をとるとハリを失い、筋力も衰え、皮はたるみ、皮膚は下へ落ちていきます。わかっていても、女性には悩みの種ですね。鏡を見るのもイヤになります。
女優さんは、演技等で常に表情筋を使っているので、いつまでもフェイスラインをきれいに保てるとのことです。
そうです。たるみの原因は表情筋の衰えにあるのです。


普段から人との会話が少なく、喜怒哀楽を顔に出すことがあまりない人は、どうしても他の人より表情筋の衰えが早く進んでしまいます。
すると、口元にシワ・たるみ・二重アゴ、と老化現象があらわれていきます。
ある日ある時、鏡に映る自分の笑い顔を見た時、ショックを受けたことはありませんか。


しかし、ここで落ち込んではいられません。気づいた時から何かが出来ると思いますので、5年後10年後のかわいい自分の為に動いてみましょう。
美容整形で手術する方法、お金をかけずに地道に毎日の積み重ねで結果を出す方法、いくらでも方法はあるのです。行動は早ければ早いほど回復も早いです。たるみ解消すべく、素敵なあなたになるために、何か行動を起こしてみましょう。

頬のたるみを美容整形で解消

頬の下のたるみを速攻解消!美容整形




の下のたるみや法令線が気になってきた」「目の周りのしわが気になって笑えない」などの悩みを持ち始めると、たるみやしわに効く化粧品を買ったり、一生懸命マッサージしたり、女性たちはたるみ解消するために様々な努力を重ねます。でもどれも即効性はなく、毎日毎日こつこつと続けて、少しずつ効果が現れる、または現状を維持できる程度のものです。一番手っ取り早くたるみ解消する方法はやはり美容整形でしょう。

美容整形ではたるんだやしわが刻み込まれた顔を、若いころの張りと弾力のある状態に戻す治療として「リフトアップ」と呼ばれる治療を行います。リフトアップには注射でコラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法と、手術による方法(メスを入れる/入れない両方ある)があります。

注入療法はもっともお手軽ですが、これは若い人か、たるみの度合いの少ない人に向いた方法です。ある程度の改善は可能ですが、加齢とともに、しわやたるみができる速度と程度に追いつかなくなってしまいます。

年齢を重ねた方はやはり、外科的処置を施すほうが費用的にも効果的にもよいでしょう。

メスを使わない方法は顔の中に糸を通し、たるんだ部分を引っ張り挙げる方法で、糸が皮膚の下に残るか残らないかによって別れます。治療の呼称は医院によって様々です。

糸が残る方の治療法では、「アプトス」という特殊加工糸を皮下組織に入れ、たるみの気になる場所に入れ、引っ張り上げます。

糸が残らない方の治療法も、方法は同じです。これで使う糸は生分解性ポリマーが主成分で、1年くらいで溶けてなくなります。普通の病院の手術用としても使われているものなので安全です。

糸を入れる方法はメスを使わないので顔に傷が残らず、手術時間も20分程度で終わり、その日のうちに帰宅できます。

次に、メスを入れる方法ですが、この方法では側頭部や髪の生え際、耳の付け根など、目立たない部分にメスを入れ、皮膚の下にある「筋膜」を引っ張り上げ、余った皮を切り取ることたるみやしわをなくします。これはかなり深いしわが刻まれてしまった人にも対応できる、最も直接的で効果的な治療法です。

ただし、心に留めておいていただきたいのは、みんながみんな術後の自分の顔に満足しているかというとそうではないということです。「は上がったけどその反動で目の下にたるみやしわができてしまった」「左右のバランスが悪くなった」「他の部分がたるんでそこにヒアルロン酸を注入して…の堂々巡り」などと嘆く体験者も少なくありません。

このような失敗を防ぐためにも、手術を受ける前には必ず、しつこいほど入念にカウンセリングを行った上で、最適な手術方法を決めてください。相談は無料ですのでいくつかの医院を回って、本当に信頼のできる医院・医師のもとで治療を受けることをおすすめします。

メスを使っても使わなくても外科手術ですから、個人差もありますが、術後は痛みますし、腫れも出ます。それに、費用だってかなりな高額です。私がざっと調べたところによると、メスを使わない方法の、顔に入れる糸は“1本”2〜5万円。当然1本ですむわけはなく、それが片側につき数本必要で、手術は総額で30万以上です。メスを使った手術は約40万〜80万くらいです。高すぎるのもイヤですし、逆に安すぎてもなんだか不安です。医院選びは本当に慎重に、納得がいくまで検討してくださいね。

頬のたるみを化粧品解消法

頬の下のたるみと化粧品




顔のたるみ解消を目指す美容液やクリームなどの化粧品が、現在たくさん出回っていますね。とくにの下のたるみが気になり出すと、「リフトアップ効果」などとパッケージにデカデカと書かれていると、つい買いたくなります。でも、化粧品にはそれほど劇的な効果を期待することはできないということを知っておいてください。なぜなら化粧品は顔の外側から表面的につけるだけだからです。

化粧品をつけた直後は、肌の張りが戻ったように感じますが、それは一時的なものです。もちろん皮膚から有効成分が吸収されていくので多少の効果はあります。化粧品をつけることが全くムダだと言っているのではありません。たるみ解消を目的に化粧品を使う際は、自分のたるみの原因が一体何なのかを見極めて、その上でその原因に合った化粧品を選ぶことが何より大切です。

加齢によるたるみ・紫外線によるたるみ・老廃物が溜まることによるたるみなど、同じたるみでも原因は様々です。たるみの原因にあった化粧品を選ばないと高いお金を出して、毎日一生懸命塗り続けても、何の効果もなく無駄なことになってしまいます。

自分のたるみの原因を見極めるためには、化粧品を買う前に化粧品売り場のカウンターで肌診断を受けるのが良いです。そして自分のたるみの原因と自分の肌に不足している成分を知ってから化粧品を買いましょう。

たいていのお店では肌診断は無料です。そこで肌診断を受けたからといってそこで買わなくてはならないということはありません。私はとりあえずタダで肌診断を受けておいて、そのあと、自分の肌に有効な成分の入っている化粧品を近くのドラッグストアなどで安く買っています。ちょっとセコイと思われるかもしれませんがこれはおすすめの方法です。利用できるものは何でも利用しちゃいましょう!(笑)

そしてやはり、の下のたるみを根本から解消するには内側からのケアが大切です。内側からのケアというのは、食事、生活習慣の改善、サプリメント、エクササイズやマッサージなどです。化粧品をつけるときも、ただやみくもに塗りたくるだけでなく、下から上へ持ち上げるように、老廃物をリンパに流すように、マッサージする気持ちでつけましょう。

内側と外側両方からのケアをしっかりやって、たるみとサヨナラしましょう!

頬のたるみを化粧品解消法

頬のたるみ予防にクリームを




たるみの原因は3つあり、1つ目は表情筋の衰え、2つ目は老廃物の停滞、3つ目は加齢・紫外線・ストレスなどによる乾燥で皮膚組織のハリや弾力が無くなることです。それぞれの原因に応じた対処法を正しく施すことによってたるみ解消していきます。

クリームは3つの原因の中の3番、肌の乾燥を予防することに効果があります。

お肌の水分を保ち、潤いのあるプルルン肌になるためには、日々のケアがとても重要です。毎日の洗顔や入浴の後は、化粧水を塗ると思いますが、その後時間を置かず、すぐに水分と脂分が程よく含まれたクリームを塗ってください。化粧水で潤った肌に蓋をするイメージです。夜は油性肌の人を除いては多少油分の多いものを使うと良いでしょう。

そして、そのクリームの成分としては、引き締め効果のある緑茶成分や抗酸化作用の強いコエンザイムQ10、お肌の弾力の元であるコラーゲンが含まれているとたるみ解消に効果的です。また、肌により水分を浸透させる点で、ゲルタイプのクリームもお薦めです。もちろんあなたの肌に合っていることが絶対条件です。少しでもかゆみや刺激を感じたらそのクリームの使用は中止してください。

家の中でのケアも大切ですが、忘れてはならないのは紫外線対策です。紫外線はたるみ全ての元凶です。日中は必ずUVカット効果のあるクリームをつけることをお忘れなく!!

運動でたるみを解消・改善

頬のたるみにリンパマッサージ





たるみの原因のひとつに、筋肉を使わないことで筋肉が衰え、皮膚を支える力がなくなってしまうことが挙げられます。リンパをマッサージして、表情筋に刺激を与えることで、たるみの原因を抑えることができます。効果的なマッサージを紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

@ 右の親指以外の4本の指を素早く順番に動かして、あご→→目の下→目の横→額の中央という順に、指の腹でトントンとたたきます。ちょうどピアノで速いフレーズを弾く感じです。小指からやるとやりやすいです。リズミカルにやるとだんだん楽しくなってきます。

A 来た道筋をまた逆にたどって顎まで戻ります。目の下は皮膚が薄いので軽く触れる程度の優しい力で、それ以外の箇所は、筋肉を刺激するのが目的なので、ちょっと強めの力でトントンやってください

B @・Aを1セットとして6回繰り返します。

C あごの付け根の骨あたりに両手の小指をもってきて、鼻から下を覆い隠すような形にします。そこを始点に小指→薬指→中指→人差し指の順にこめかみに向かってなで上げます。指がに順番に触れていく感じです。

D 人差し指の先から第2関節の辺りで、余分な脂肪や老廃物をギュッとこめかみに流し込む感じで押し上げます。

E C・Dを3回繰り返します

F 小鼻の横からこめかみに向かって、骨に沿って両手の人差し指と中指の腹で、小さな円を描きながらマッサージします。筋肉を持ち上げる気持ちで行ってください。これを3回繰り返します。

エステに行ったことのある方はお分かりになると思いますが、エステティシャンのやる指の動きと同じです。私はエステに行くとエステティシャンがどんな動きをしているのか、しっかりと覚えるようにしています。顔にタオルをかけられていても、感触で分かります。皆さんもエステに行ったら寝ていないで(気持ちいいのは分かりますが)エステティシャンの技を盗んでくださいね。高い金払ってるんだからしっかりモトを取らないと!!(笑)

私はこのマッサージをバスタイムや顔を洗った後にやっています。あと、スパなどに行ったときにはサウナの中でやってもいいです。効果あるのでぜひぜひやってみてくださいね。

運動でたるみを解消・改善

頬のたるみに効く「笑筋」エクササイズ




頬のたるみを解消するには、実は笑顔がとても効果的なんです。頬のたるみが気になる人にも気にならない人にも笑顔って大切ですよね。特に女性は素敵な笑顔を自然に出せると好感度も格段にアップします。

笑顔を出さず、毎日無表情に暮らしていると、表情筋が動くことがないので当然衰えてきます。それが頬のたるみにつながるのです。

表情筋を鍛えて美しい笑顔を手に入れ、同時に頬のたるみもやっつけちゃいましょう!ここでは、その名も「笑筋」を鍛えるエクササイズをご紹介します。

「笑筋」というのは、口の両側に付いている幅の広い筋肉で、これが外側に伸びることによって口の両端が外側に伸びます。ちょうど笑ったときに口元から頬にかけて膨らむ部分に当たります。この筋肉が衰えると口の両脇と頬にたるみが出てしまいます。

@ 自然な表情で口を閉じる
A 5つ数えながら、口角をゆっくり外側に上げていき、笑顔を作る
B いっぱいいっぱいに引き上げたところで止め、そのまま5つ数える
C 5つ数えながら、ゆっくりと元の自然な表情に戻す

これを5セット連続で行います。毎日続けて行えば、あなたの笑顔はみるみる明るく美しくなり、頬のたるみも解消されるはずです。

頬のたるみを解消法

頬のたるみ治療のお値段は?




たるみはマッサージや顔のエクササイズ、化粧品によるケア、日々の生活習慣の見直しによって改善はされますが、目に見える効果が現れるまでにはある程度の時間がかかります。「速攻でたるみ解消したい!!」という方は、思い切って美容外科を訪れてみるとよいでしょう。

美容整形をするとなると、とんでもなく大げさなことのように感じますが、最近の手術は短時間で終わり、入院もする必要はありません。手術法や器具もたくさん開発されています。まずは美容外科の門をたたいて相談してみてはどうでしょうか。

ただ、気になるのは手術や処置の価格の問題ですよね。もちろん美容整形には保険は適用されませんから、はっきり言って高いです。万単位は覚悟しておいたほうがいいです。

たるみの治療にはレーザー照射、ヒアルロン酸・ボトックス・コラーゲン注射、たるみを引っ張って吊り上げる手術などがあります。

レーザーは照射する範囲にもよりますが、顔全体にするとなると安くても1万位円以上です。ヒアルロン酸などの注射も、1ccにつき1万〜5万円です。これらは1回で終わることはなく、継続して行わなくてはいけません。しかも、注射する範囲がですから、わずか1ccですむはずがありません。5cc以上は必要でしょう。さらに、ヒアルロン酸などは注射しても体内に吸収されてしまうので、数ヶ月ごとに繰り返す必要があります。こうして考えると、総額ではかなりな高額を支払うことになります。

手術の場合は15万円くらいから、といったところです。

美容外科はその医院ごとに好きなように価格を決められるので、医院によって価格は本当にまちまちです。下限はあっても上限はないといっていいです。高ければその医院の技術が優れているとは一概には言えません。できれば事前に周りの評価やこれまでの実績をじっくり調べて医院を選んでください。そして、自分のお財布と相談して、無理のない範囲で施術を受けるようにしてください。くれぐれも、美容に費やすお金を節約するために食費を削って毎日カップラーメン…なんて生活をしてはいけませんよ!! 基本は土台となる体の健康です。

頬のたるみを解消法

毛穴のたるみの原因と対策




毛穴がたるむと、毛穴の形が丸ではなく涙型になり、いわゆる「みかん肌」になってしまいます。毛穴のたるみの原因には、皮脂の多量分泌、老化による下垂、ホルモンバランスの崩れなどがあります。

毛穴がたるんでしまいやすい人は以下の項目に身に覚えのある人です。

@ 冬は紫外線対策をしないで外出する
A 鏡ではなく、窓に映った自分の顔を見ても毛穴が分かる
B 身体は痩せているのになぜか二重顎
C 仕事や育児などでストレスが溜まりやすい
D 法令線(鼻の脇から口にかけての線)が目立つ
E ファンデーションを塗ると毛穴に入り込み、かえって毛穴が目立つ
F 香辛料を多用した辛い食べ物やコーヒーが好き

以上のうち3つ以上当てはまった人は要注意!!今すぐ対策が必要です!

このチェックでも分かるように、毛穴のたるみは単に老化だけではなく、普段の生活習慣が大きく影響しているのです。表面だけのケアだけではいけません。生活全般から見直して、毛穴のたるみを予防しましょう。

頬のたるみを解消法

頬のたるみに効く化粧水の選び方




たるみ解消法としては、なんと言っても水分補給が第一です。たるみ対策のみでなく、すべての肌トラブルにとって、もっとも大切なことであり、基本中の基本です。そしてやはり水分補給と言って一番に名前があがるのがヒアルロン酸です

現在は、各化粧品メーカーで、たるみ対策を目的としたクリームや美容液がたくさん出回っていて手軽に手に入れられます。ヒアルロン酸が含まれた化粧水も本当にたくさんあります。ですが、ここで注意していただきたいことがあります。それは、その有効成分であるヒアルロン酸が、ちゃんとあなたの肌に浸透するか、ということです。ヒアルロン酸の分子量は人間の皮膚に比べてとても大きいため、そのままの状態ではなかなか皮膚に浸透しません。

そこで登場するのが低分子ヒアルロン酸です。これの場合は分子量がとても小さいので皮膚に吸収されやすくなります。化粧水を選ぶときには、ただ単にヒアルロン酸が入っているから、というだけで購入するのではなく、本当に肌に吸収されるものなのかどうかを見極めた上で、適切なものを選んでください。

ヒアルロン酸は水分補給にとても有効的ですが、たるみの原因は単なる水分不足だけではありません。あなたに最も適した化粧水に出会うためには、あなたの肌になぜたるみが出ているのか、ということを正しく知ることがまず大切です。

表情筋の衰えによって目立つたるみ、コラーゲンやエラスチンが減ることによって起こるたるみ、顔にお肉(脂肪)がついてしまうことで起こるたるみ、紫外線による肌の老化によって起こるたるみなどなど、実に様々です。それぞれの場合で選ぶ化粧水も分かれてきます。

おすすめなのは、化粧品を実際に買う前に、カウンターで肌診断を受けて、自分のたるみの原因となっているものは何なのか、不足している成分は何なのか、を確実に見極めるのが先決です。

頬のたるみを解消法

頬のたるみに効く化粧品とは




たるみ解消するためには、肌の奥深くの真皮まで水分をたっぷり届けることのできる化粧品を使って肌を潤わせる必要があります。その上で美容液をつけて肌に栄養を与えます。水分で十分潤った肌は、自分の力で再生することができるようになり、たるみを改善することができるのです。

それではどのような成分がたるみに効果的なのかというと、優れた保湿効果を持つ海草エキスや、引き締め効果と抗菌作用があるホップエキス(ビールの苦味の元になっているアレですね)などがいいです。これらを使用するとお肌がパンっと張る感じがします。

さらに、たるみの原因として、コラーゲンの現象があるのですが、減少してしまったコラーゲンを再生するためにはビタミンC誘導体、レチノールなどの成分を取り入れていくことが不可欠です。肌細胞の活性化とリフトアップには強い抗酸化力のあるコエンザイムQ10が効果的です。

あと、お肌に大敵なのは紫外線。UVカットを徹底することも非常に大切です。今あるたるみを悪化させず予防・改善していきましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。